2006年01月14日

L'ENFANT (The Child)

あけましておめでとうございます。
本年もなにとぞよろしくおねがいします。

2006年初映画鑑賞。「ある子供」を観ました。
2005年カンヌ国際映画祭パルムドール受賞ということで、
巷では話題になっているようです。

ヨーロッパの「下流社会」の実態、父性母性とは何か?、
愛とは何か?、…いろいろな角度から観ることができ、
評論家であれば、上手に語ることだってできましょう。
そんなドキュメンタリーのような映画です。

話の背景にしろ、主人公の行動にしろ、美しくない。
決して「いいおはなし」ではないです。
そういったことはさておき。
この映画を観てすばらしいなぁ、いいなぁと感じたのは、
台詞も少ないのに、主人公の心の動きが手に取るように分かる…ということ。
監督さんや役者さんの力あってこそなのでしょう。
派手な演出も何もありませんが、私はこういう映画がとても好きです。

「誰も知らない(Nobody Knows)」を観た後と同じような気分になりました。
あれもたしかカンヌ(主演男優賞)でした。
posted by ねねぃ at 16:43| Comment(3) | TrackBack(2) | 洋画(映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

続・クレイアニメ 友達の☆チェブラーシカ

チェブラーシカチェブラーシカ
ウスペンスキー

ビデオメーカー 2002-03-21
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ロシアでは国民的人気を誇るという
クレイアニメ『チェブラーシカ』を友達からオススメされた。
AMAZONなんかのユーザレビューを観てみると
どうやら既に老若男女、多くの人を魅了しているキャラクターらしい。
そんな見知らぬ世界の発見に、僕は目を輝かせ
DVDを買ってしまおうかという勢いをようやく抑えて
一先ずレンタルしてみることにした。

僕が観たかったのはホントにチェブラーシカは
可愛いか否か。
上っ面だけでない可愛さがあればいいなと。

続きを読む。
posted by リョウタ・グッドマン at 00:00| Comment(2) | TrackBack(2) | 洋画(映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

Corpse Bride

新年あけましておめでとうございます。
申年生まれの人が2006年に嫌われないように。

ティム・バートンのコープスブライド 特別版ティム・バートンのコープスブライド 特別版
ティム・バートン

ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-03-03
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


映画の中にはメッセージが込められてる。そのメッセージがどういう内容でどれだけ重要か見る人が勝手に決めると言うけど、分かりやすいメッセージを持つ映画は気分がすっきりする。コープスブライドで死体の花嫁が僕の心を打った言葉がある。「幸せを奪われた私が今、人の幸せを奪って自分が幸せになろうとしてる」身を引く姿に同情もするけど、それとは別に魅力を感じさせる。ゾンビだけど。

主人公の男は真面目さ以外に多少の金しか取柄がないが、真面目な男が覚悟を持てば立派な男になる。この映画は三角関係の話だけど、クレイアニメーションであることと恋愛恋愛してないことが、「人の幸せを奪って幸せにはなれない」というメッセージから小学生のときの担任の言葉を連想させる。
つづきはこちら
posted by ケソ at 09:08| Comment(2) | TrackBack(1) | 洋画(映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月09日

EXPLOSION YOURSELF 岡本 太郎『出会い』

okamoto.jpg

太陽の塔』が気になっている。
大阪万博時に岡本太郎によって作り出され
今は万博記念公園にあるというそのモニュメント。
まだ、実物は見たことがない。

ある日、岡本太郎の特集番組を観た。
太陽の搭に関して太郎はかく語る!

太陽の塔が作られたころは高度成長期の
絶頂で、日本中が進歩、GNPに自信満々
の時代だった。そこへ万国博。おそらく全体
が進歩主義、モダーニズム一色になることは
目に見えていた。そこで私は逆に時空を
超えた、絶対感。馬鹿みたいに、ただどかんと
突っ立った『太陽の塔』を作ったのだ。
現代の惰性への激しい挑みの象徴として。

度肝を抜かれた。
すごいぞ太郎!めちゃめちゃロックじゃねーか!


続きを読む!!
posted by リョウタ・グッドマン at 00:26| Comment(7) | TrackBack(1) | 芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

クリスマスが近づく

クリスマスにみる映画は何がいいかな。やっぱりハートフルコメディーか、逆をついてホラーか。
カルキン少年のホーム・アローンってのがあったな、あのシリーズは3まで出たのか、3は内容がほとんど記憶にないけど、1と2はどっちが面白いかな。
マコーレー・カルキンの話が出ると、いつも今はどうしてるのかという疑問が浮かぶ。かなり奇抜な役柄で俳優を続けてるような話も聞く。
カルキソ
posted by ケソ at 15:07| Comment(2) | TrackBack(1) | 洋画(映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

宮殿とモスクの至宝展

世田谷美術館で12月4日まで開催している「宮殿とモスクの至宝」に行ってきた。
ロンドンのV&A美術館(ヴィクトリア女王と夫のアルバートさんにちなんだネーミング)はイスラーム美術のコレクションで名高く、今回の展示会はギャラリー改装で実現したそう。
日本ではもちろん初公開!
世界史専攻で、いつかトルコの岬に立って西洋と東洋を眺めるまでは死にきれない私としては、これは行かずにはおられない展示会。
というわけで、日曜の朝から早起きをして、いそいそと出かけた。

世田谷美術館というのは、砧公園という広くて気持ちの良い緑地の一角にあるのだけれど、駅からそこへと辿るまでの道もなかなか面白い。
続きを読む
posted by さやか at 00:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 舞台/演劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

昭和・ノスタルジア 「ALWAYS 三丁目の夕日」

ALWAYS 三丁目の夕日 o.s.t


最近シネコンにばかり行っている
自分に危機感を感じて、(なんのだ?)
渋谷でやる「フェリーニ・オールナイト」に行ってやる!と
意気込んでみたものの、その日にやっていた宣伝番組にのせられて
あっさり路線変更し『ALWAYS 三丁目の夕日』を観にいった。
(フェリーニ、すまん)


続きはコチラ
posted by リョウタ・グッドマン at 23:28| Comment(2) | TrackBack(6) | 邦画(映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

大人買いヘッドフォン「audio-technica ATH-EC7」

B0002QYQLGaudio-technica ATH-EC7 SV インナーイヤーヘッドホン

オーディオテクニカ
売り上げランキング : 272
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



iPodの登場は革命的だった。
音楽好きとして、その時の気分で
10000曲もあるリストの中から好きな音楽を
セレクトできる至れり尽せりぶりには
文句のつけようがない。

そして、そんな僕のiPodライフをさらに充実させてくれるのが、
このaudio-technicaのヘッドフォン「ATH-EC7」。
iPodは音質が今一だーなんて話をたまに聞くが
そんな「違いの分かる貴方」にはまず
ヘッドフォンを変えてみることを強くオススメする。


続きもアルヨ
posted by リョウタ・グッドマン at 23:47| Comment(6) | TrackBack(0) | その他(音楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

そのライブ、冥土の土産級 「ROCK IN JAPAN 2005 サザンオールスターズ」

「SUMMER LIVE 2003」 流石だスペシャルボックス (通常版)

日本人であれば一生に一度は観てみたいバンドNO.1
サザンオールスターズ。

夏が終わり、随分経つが、
未だに色褪せないあの記憶は是非ともここに記しておくとしよう。

まだまだ続く
posted by リョウタ・グッドマン at 23:23| Comment(1) | TrackBack(1) | EVENT(音楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

シュワルツェネッガーとスタローンどっちが強いか疑問だった頃

エイリアン 2 完全版
B000A0K5AKシガニー・ウィーバー ジェームズ・キャメロン マイケル・ビーン

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2005-07-07

おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

エイリアンシリーズ最高傑作である。登場人物の設定が話を面白くしてる。
主人公リプリーを支えるアンドロイドがカッコいい奴だ。

レンタルビデオで見たこともあるけど、日曜洋画劇場で見るエイリアン2が好きだ。

それでは皆さん
posted by ケソ at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画(映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。