2005年10月06日

ハートに火をつけて★ −サンボマスター伝説外伝−

青春狂騒曲
青春狂騒曲


サンボマスター
今のメジャーシーンで
一番熱い(そして暑苦しい)バンドだ。

もしも、あなたに少しでもロックンロールの魂が
あるならば、彼らのライブを見た途端
間違いなく、そのハートに火がつくだろう。
(もちろん火の大きさには差があるだろうけど)
そうでなければ、あなたのロックンロールなんて
嘘っぱちかもしれない。

僕がROCK IN JAPAN2005で観た光景。
それは、まさしくそういう彼らの即効性をもった
極上灼熱ロックンロールだった。

誰の耳にでも届くPOPなメロディー。
楽曲に込められた情熱。魂。
そして、全身全霊をかけて
ライブを行うサンボのメンバー。

なんでだろう。不思議なもんだ。
メジャーシーンにもロックンロールは
たくさん存在するはずなのに、こんなにも
ダイレクトにエネルギーを放出しているバンドは、
あまり見たことがない。

そんな彼らの熱が
ステージから、放射状に伝染していくのが分かる。
さっきまで傍観していた人たちが
一様に拳を掲げて跳び始める。


そりゃ、音楽を聴くときの『ノリ』なんて人それぞれだろうし、
みんなが同じように拳を掲げる必要なんてない。

でもなぜか、あの瞬間、僕らは無性に拳を掲げたかった。
理由なんて分からない。でも、ホントにそうしたかった。

『サンボマスター完全勝利』
そんな代名詞をつけたくなるような圧巻の光景だった。


ライブ前のMCで渋谷陽一が彼ら称してを「日本の未来」と言った。
大胆な言葉だけれど、そんな言葉も
信じてしまえるくらい説得力のあるライブだった。
万人に届くPOPミュージックでありながら
普遍性をもった熱きロックンロール。

彼らが日本の未来なら日本も捨てたもんじゃない。



posted by リョウタ・グッドマン at 21:55| Comment(2) | TrackBack(0) | EVENT(音楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
”MONSTER baSH 2005”
四国で毎年1回行われる恒例のロックフェス。
俺の行った日のオープニングは”サンボマスター”。
前夜からすでに温められていた俺のハートは
初めて彼らを目の前にした瞬間に火がついたよ。
俺の周りみんな燃えてた。最前列で圧死寸前。
後輩の言葉を借りよう・・・
”日本の宝”だ☆
Posted by 36 at 2005年10月07日 21:31
熱いコメントありがとうございます!
今日記事を載せた「シンデレラマン」って映画も
36さんを熱くさせてくれること
請け合いですのでぜひ観て下さい!
Posted by りょうた at 2005年10月13日 19:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。