2005年09月02日

ジャケ買いしてもいんじゃない?

スパイダー・ボーイ ゴキブリンの逆襲


ツタヤで見つけた気になるDVD(パッケージのみ)を紹介する珍コーナー。
(こんなコーナーいいのか?)

今日みなさんにご紹介したいのは

『スパイダーボーイ ゴキブリンの逆襲』

そう、実はこれぞ元祖!といいたいが、
どう見てもスパイダーマンのパクリだ。
(公開年からして、むしろ2の方のタイミングでパクリだ)

本家の宿敵ゴブリン役は、ゴキブリンて名らしい!
ゴブリンに「キ」をつけただけで、ゴキブリンになるんだから
きっと思いついた人はガッツポーズだったんだろうな。
きっとこの案に対して「君それ!いいねー!」って
言った人がいたんだろう。


なんて思っていたら、原題は「GAGAMBOY」って書いてある。
そうか日本版化した人たちのアイディアか。
確かにこのパッケージなら「スパイダーボーイ」の方が潔いな。

そして、良くみると、
『東京国際映画祭"アジアの風"オープニング上映作品』
と書いてある!

おい大丈夫か東京国際映画祭。

劇場で流れる映画の宣伝に
「第一回〜映画祭優秀作品」とか
テロップが出てくる事があるけど、
僕はあまのじゃくにも第一回ってとこが
若干気になってしまう。
ホントにあるのかな、その映画祭・・・
「ガキ使」のあれと一緒なんじゃ。。

話がそれました。
我らがスパイダー☆ボーイ君。
アマゾンでの紹介を観ると

---------------------------------------------------------------------------------------
フィリピン映画史上最高の製作費を投じて製作された特撮ヒーローアクション。
フィリピンの首都・マニラの下町。
気弱な青年・ジュニーは、ある日核廃棄物に汚染されたクモに刺されてしまう。
以来、彼の手から得体の知れない細い糸が出るようになり…。
----------------------------------------------------------------------------------------


おおぉ、2歩後ろにたじろいてしまうくらいストーリが一緒だ。
いやそれよりフィリピンよ。
こんなパロディに最高制作費なのか。。。


そんなわけで、パッケージだけでこんなに楽しませてくれる
「スパイダー☆ボーイ」
必見でしょ?
posted by リョウタ・グッドマン at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画(映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。