2006年01月07日

続・クレイアニメ 友達の☆チェブラーシカ

チェブラーシカチェブラーシカ
ウスペンスキー

ビデオメーカー 2002-03-21
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ロシアでは国民的人気を誇るという
クレイアニメ『チェブラーシカ』を友達からオススメされた。
AMAZONなんかのユーザレビューを観てみると
どうやら既に老若男女、多くの人を魅了しているキャラクターらしい。
そんな見知らぬ世界の発見に、僕は目を輝かせ
DVDを買ってしまおうかという勢いをようやく抑えて
一先ずレンタルしてみることにした。

僕が観たかったのはホントにチェブラーシカは
可愛いか否か。
上っ面だけでない可愛さがあればいいなと。


1話20分で完結する『チェブラーシカ』は
思ったよりも素朴な色合いや物語で構成されていた。
そんな中で主人公のチェブラーシカ、友達のワニ・ゲーナ、
意地悪なお婆さん・シャパクリャクの表情や言葉、歌が
ハイセンスで、どこかシュールな匂いを漂わせ、
ただの子供向けアニメで終わらない魅力になっている。

3話とも哀愁漂う空気の中で
肩を寄せ合うようなところがとても暖かい。
なんだか今みたいな季節に飲みたいホットチョコレート。
そんな感じ。


さて、男の僕はこっそり溺愛することにしようか。
posted by リョウタ・グッドマン at 00:00| Comment(2) | TrackBack(2) | 洋画(映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラバどうもでした。
チェブラに関しては、自分は始めて積極的に愛してしまうきゃらもんでした。ほんと、密かに、いつまでも愛してしまいそうなきゃらです。
Posted by okapon at 2006年01月17日 00:52
どうやら日本での上映権が
もうすぐ切れるらしいですね。
大画面で見ようか迷い中です。
TBありがとうございます。
Posted by リョウタ at 2006年01月18日 23:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11399830

この記事へのトラックバック

「チェブラーシカ」!
Excerpt: 監督・脚本: ロマン・カチャーノフ 原作・脚本: エドゥアルド・ウスペンスキー いやいや・・・ディズニーアニメやらピクサーアニメにはぴくりとも琴線が動かない自分が、いわゆる「萌え」..
Weblog: ネオ・ビジョンかわら板
Tracked: 2006-01-17 00:46

映画鑑賞感想文『チェブラーシカ』
Excerpt: さるおです。 『CHEBURASHKA/チェブラーシカ』(原題は『CHEBYPAWKA』)を観たよ。これも劇場で観た、2001年に。ロシア製パペット・アニメーション。 監督はロマン・カチャーノフ(Ro..
Weblog: さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー
Tracked: 2006-01-17 19:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。