2006年09月19日

Stand By Meとなんとなくのノスタルジー

B000BVVFJIスタンド・バイ・ミー コレクターズ・エディション
スティーブン・キング ロブ・ライナー ウィル・ウィートン
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2005-12-16

by G-Tools


中学生や高校生だったころ、どうしてこんな日々を
世の中的には青春時代って呼ぶのだろうと思っていた。

茨城の片田舎の学校に40分もかけて通う毎日は
バラ色なんかじゃなかったし、
好きな音楽を聴いたり、たまに恋したりしてる時はまだしも
普段はなんだかとても退屈で、それでもがむしゃらに
自分たちが思い描く青春ってやつを謳歌しようと
男仲間とバカ騒ぎしてみたところで
やっぱりそれはどこかひん曲がってしまって、
いわゆる青春としてピンとくるもんじゃなかったり。


続きもよければ!
posted by リョウタ・グッドマン at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋画(映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。