2006年01月06日

Corpse Bride

新年あけましておめでとうございます。
申年生まれの人が2006年に嫌われないように。

ティム・バートンのコープスブライド 特別版ティム・バートンのコープスブライド 特別版
ティム・バートン

ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-03-03
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


映画の中にはメッセージが込められてる。そのメッセージがどういう内容でどれだけ重要か見る人が勝手に決めると言うけど、分かりやすいメッセージを持つ映画は気分がすっきりする。コープスブライドで死体の花嫁が僕の心を打った言葉がある。「幸せを奪われた私が今、人の幸せを奪って自分が幸せになろうとしてる」身を引く姿に同情もするけど、それとは別に魅力を感じさせる。ゾンビだけど。

主人公の男は真面目さ以外に多少の金しか取柄がないが、真面目な男が覚悟を持てば立派な男になる。この映画は三角関係の話だけど、クレイアニメーションであることと恋愛恋愛してないことが、「人の幸せを奪って幸せにはなれない」というメッセージから小学生のときの担任の言葉を連想させる。
つづきはこちら
posted by ケソ at 09:08| Comment(2) | TrackBack(1) | 洋画(映画) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。